2016年1月12日火曜日

1st Airborne Brigade, Japan Ground SD Force

 さる1月10日(日)、"我が軍"の精鋭、陸自「第1空挺団」の

「降下訓練始め」を千葉県・習志野演習場にて観覧いたしました。

自衛隊に感謝し、自衛隊を応援する数万の一般市民で

観覧エリアは溢れかえりました。

自衛隊旗(八条旭日旗,陸自の連隊旗)

CH-47 Chinookからの降下

空挺傘696M1

空自の輸送機C-1(川崎重工製)からの降下
R A N G E R!
♪藍より青き大空に大空に 忽ち開く数十の オリーヴ色の実の模様~ 

空自の輸送機C-130 Herculesからの降下

精鋭無比 仁者無敵 挺身赴難 死生天命

自由降下傘による降下

上からチヌーク,高機動車,120mm迫撃砲

CH-47チヌーク

地上左奥:73式大トラ/カーゴ(いすゞ)
左前:高機動車HMV/コウキ(トヨタ・日野)
右前:軽装甲機動車LAV/ラヴ(小松製作所)

AH-64 Apache による対地攻撃

L to R: CH-47 Chinook×4, UH-1 Huey×1,
 AH-1 Cobra×2, AH-64 Apache×1

左・中:コブラ,右:アパッチ

整列

非武装中立による平和を唱える脳内お花畑の皆さん、

非武装では日本の平和は守れませんよ。

大東亜戦争の敗戦直後に日本軍は武装解除され

解体されましたが、なんと日本の警察も

GHQ(日本占領の連合軍総司令部)の指令により

拳銃と刀剣を没収され、警棒のみの丸腰にされました。

すると途端に強盗・強姦・殺人事件が激増したのです。

その犯人の大半は(第)三国人でした。

あまりの急激な治安悪化にGHQは大あわてで日本の警察の

拳銃所持を認め、没収拳銃を急ぎ返還したほどです。

個人・民間レベルでこれですから、国家レベルでも同じことです。

日本が非武装だったら(第)三国人の今の祖国(台湾除く)も、

国家単位での強盗強姦殺人行為、すなわち侵略を

日本に対して行うことは確実です。実際に前科があります。

1952年、戦後の日本がようやく再独立しようという段階で

まだ自衛隊もなく、日本に島嶼防衛力など全く無い時に、


韓国の初代大統領・李承晩(イ・スンマン)は、島根県の竹島を


韓国領"独島"だと宣言し、翌1953年に武装占拠しました。


日本は非武装だったゆえ、韓国に侵略されたのです。


よくいる自称リベラルの亡国左巻に、竹島や尖閣などの


あんな小島が欲しいというのなら、戦争になるのは嫌だから


あげてしまえ、などと言う大バカがいますが、それは領海を

広く失うことになり、漁場喪失と海底資源放棄を意味し、さらに

軍事基地でも建設されたら国防上おおきな後退です。つまり

国民の利益と安全が大きく損なわれることだと全くわかってない

大バカの意見です(過去の大バカ発言者例:山本太郎w)。

韓国は竹島占拠と同時に日本漁船立入禁止ラインを一方的に

設定し、越境した日本船を銃撃して日本人44人を死傷させ、

日本船328隻を拿捕し、日本人3929人を抑留するという

海賊侵略行為を1965年の日韓国交成立まで続けたのです。

竹島領有宣言をした韓国初代大統領・李承晩という男は、

朝鮮戦争開戦時に、北鮮軍が北方から首都ソウルに迫ると

漢江の北側で韓国軍はまだ防戦中かつ市民多数が南側に


向けて避難中であるにもかかわらず、みんな見捨ててオノレは


とっとと南方へ逃走。さらに敵から完全に逃れたい李承晩は

自軍と避難民の退路を断つことになるにもかかわらず、

ソウルの漢江にかかる橋すべての爆破を命令。あろうことか

漢江人道橋は南下避難中の市民ごと爆破され、約500人が死亡。

そんな事態を招いた李承晩は大統領として完全にカスです。

そんな李承晩こそが元祖・反日韓国大統領でもあり、

韓国国民に過度の反日感情を植え付ける反日教育を

スタートさせた悪意の塊のカスです。ついでに書くとこのカスは、

韓国国内の共産主義者と自己政権批判者および、それらの

"疑いのある者"まで容赦なく最大120万人も自国民を虐殺した

キ印です。半万年の妄想史輝くw韓国の栄えある初代大統領

李承晩とは、そんな完全キ印のカス野郎でした。そんな

キ印カスの命令で竹島は韓国に占領され今日に至るのです。

 日本に自衛隊が創設されたあとも、専守防衛を明言し、

自衛隊の海外派兵を日本政府はずっと否定してきたため、

今度は北朝鮮が"安心して"日本人拉致を繰り返しました

(一昨年だかの警察庁発表では拉致可能性失踪者876人)。

つまり日本は北鮮から侵略攻撃を受けたまま、ほぼ何も反撃せず

(工作船1隻だけは撃沈)、数十年たったという状態なのです。

GHQから押し付けられたヘタレ憲法のおかげで、

他国に拉致された自国民を奪還する軍事アクションひとつ

おこせない日本は、世界トップクラスのマヌケで情けない国です。

そんな自国民すら守れない腑抜け国家から脱却するためには

自衛隊法をジワジワどんどん改正して、まずはポジティヴリストで

動いてる現状(法的に許可されてる活動以外は、たとえ日本国民を

守るためでも、世界平和のためでも、してはならない、という現状)

をあらため、普通の国の軍隊同様、ネガティヴリストで動けるように

すべき(禁止されてる事以外なら、どんな行動・活動もOK)。

勿論それは他国を侵略するためなどではなく、国防と平和維持に

おける様々な状況に現場判断で即応するためです。

さらに自衛隊員の生命の安全性も各段と高まることにもなります。

海外PKOなどの際に、現場判断で必要に応じた武装が可能で、

その使用も臨機応変の現場判断で可能になるからです。

憲法には「侵略戦争はしない」との1文だけあれば十分で、

軍備と戦争に関しては、国防や平和維持活動の

足枷ともなりかねないので他の文言は一切不要です。

侵略目的ではなく被侵略へのカウンターとしての

敵策源地破壊や、自国民の救出目的なら海外へ堂々と

派兵できる法整備をしっかりすべき。そしてある日、電撃的

空挺奇襲作戦で平壌の軍と政府の中枢部を第1空挺団が制圧し、

金ジョンウンの身柄も拘束して北鮮全軍に停戦命令を出させ、

日米の援軍が上陸する中、朝鮮労働党独裁政権と北鮮軍を

一気に解体して北鮮を暫定的に国連管理下におき、

日本人拉致被害者全員解放!

という日がくるのを日本国民みんなで願いましょう。


1/13~14追記: 例え話ですが、拳銃強盗殺人グループが

体にダイナマイトを巻きつけた姿で人質8人を盾に籠城してから


30時間。異常者と思われる主犯と警察はマトモな会話も成立せず


交渉決裂。すでに人質2名の死亡を確認。そんな状態なら警察は


もはや強行突入しかありません。人質と突入部隊に数名の


犠牲者が出るかもしれませんが、急がないと人質全員が


殺されかねません。こんな状況と北朝鮮拉致問題はほぼ同じです。


交渉を求めて時を浪費してると拉致被害者は劣悪環境下で


年々お亡くなりになる一方です。最大で876名ですよ、


少なくとも500~600人は北鮮にいらっしゃるでしょ


法整備等の態勢が整い次第、拉致被害者救出のための、


自衛隊による電撃作戦を発動させるべき。


戦争させたいのか!とのお叱りを各方面から受けそうですが、


これは戦争ではなく(宣戦布告も当然しません)、


人質籠城事件における警察の人質救出強行突入と同様の、

あくまで拉致邦人奪還作戦です。


極力、戦闘は局地・短時間での終了をめざすものです。


こういう作戦を戦後初めて実施するにあたり、


殉職自衛官への補償(息子が海軍で戦死した、わたくしの


祖父母も遺族年金の受給者でした)の大増額はマストですね。


さらに出撃前に、靖国神社に祀られることを希望する/しない 


も要確認ですね。希望者のみ祀るのなら何も問題ないはずです。


と、シロウトなりに考えてます。もはや交渉では拉致被害者は


戻ってきそうにありません。てか北の3代目はもう交渉など


する気もないでしょ。日本国民は皆、娘や息子を拉致されたまま


ご高齢で亡くなられる親御さん方のことを考えてみましょう。


拉致被害者の大半は拉致直後に"不適格""不要"などと判断され、

実は移送中すぐ殺害されてしまっている、という説もあります。

もしそれが事実だったとしても数十人は、最悪ほんの幾人にしろ

まだ北鮮で存命中の被害者はいるはずです。

拉致の真相・全貌も明らかにすべきです。

この電撃作戦が成功すれば一石三鳥です。


1:拉致被害者解放。

2:核実験・ミサイル試射を繰り返す反日危険国家の消滅。


3:食糧難の北の庶民への直接支援開始可能。


で、一石三鳥です。3つ目の食糧支援は全て南の同朋に


任せるとしましょうw。南北統一?知らんがな。勝手にすればーw。


あっ、電撃作戦は韓国には極秘で、米軍とだけ合意・連携して


実行するしかありませんね。韓国軍は足手まといな以前に


北のスパイだらけで北に計画が筒抜けで金ジョンウンに雲隠れ


されてしまいますからね。中露に日米への牽制を頼みそうだし。


今現在のように中朝関係の冷え切った時期に決行すべき


オペレーションではあります。ロシアには黙って見てるように


外交で甘い話でもチラつかせておくしかありませんね。

中露2国が何か反応する前に、さらに日本国内の

反日サヨクと総連系コリアンが大騒ぎする前に、

電光石火で片をつけなければなりません。

以上すべて1シロウトの心からのタワゴトですが、


拉致された数百名の日本国民とその数千人の拉致被害者家族を


救うことができるのは自衛隊の皆さん以外にはおりません。



 驚くことに世の中には自衛戦争にすら反対という

キ印お花畑もいるんですね。映画監督Iや漫画家Yなどは

「日本が侵略されたら、戦わずにすぐ降伏すべき」

などとホントに本気でぬかしてるんですかね?

もし中共が侵略してきて戦わずに降伏したら日本は

南モンゴル(内蒙古)、東トルキスタン(新疆ウイグル)、

チベット(西藏)などと同じ目にあうんですよ。

それらの地域では中共による民族伝統文化の破壊と

現地住民の強制連行&虐殺と漢人(=シナ人)入植、さらに

北京政府から支配層として送り込まれた漢人の公務員による

漢人入植者優遇&現地住民弾圧がずっと続いてきました。

その事実を知らないで自衛戦争などせずにすぐ降伏しろとか

言ってるのなら、イヅツ某もヤク某も情報弱者すぎる無知蒙昧な

亡国バカ決定。中共の所業を知ってて自衛戦争せず降伏しろと

言ってるのなら、反日確信犯の売国奴に決定。どちらにせよ

日本国民の生命・財産の保全を何も考えてないヤカラである

ということにはまちがいないですね。外敵の侵入時には

売国奴には外患誘致罪が適用され100%死刑です。


自衛隊の皆さん、日本の防衛を毎日ありがとうございます。

"我が軍"萬歳!

0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。