2015年8月15日土曜日

黙祷 【敗戦70年特集 其ノ壱】

【i国you國・うよ極説wあり】

 本日は、我が国が大東亜戦争の敗北を宣言して70年になる日です。

ちなみに、降伏文書調印は1945(昭和20)年9月2日ですので、

米国での対日戦勝記念日(VJ day)は9月2日です。

 大東亜戦争は、日本軍将兵約210万人、日本の民間人約80万人、

計約310万人の日本人が亡くなられた大イクサでした。

日本人として台湾と朝鮮の多くの方々も亡くなられました。

戦場となったアジア・太平洋の国々・地域の方々も

沢山亡くなられました。

正午の時報と共に、テレビ画面ごしながら、天皇皇后両陛下に

ならい従わせていただき、黙祷いたしました。

 わたくしの伯父(父の兄)も靖国神社に祀られております。

19才の若さで、伊号潜水艦の通信兵として

艦と共にフィリピン沖の海底で眠ってます。

父(3年前に他界)が晩年に上京した際、

父の最後の靖国参拝に同行できてホントによかったです。

 下の写真は父の形見分けとしてもらった蔵書の一部です。
右:昭和39年発刊  左:昭和40年発刊
アタマごなしに、なんでもかんでも戦争反対!戦争は罪悪だ!

とだけ叫ぶことほど、簡単ラクチンなことはありません。

戦争反対なんてことは当たり前の事だし、

誰からも批判をあびませんしね。

わたくしも、もちろん戦争大反対ですよ。

だからこそ防衛力を整備増強しての戦争抑止を考えないとね。

非武装では国民を守れません。警官が拳銃ひとつ持ってなかったら

強盗・殺人事件は必ず増加します(※註)。

国家間レベルでも同じことです。

さらに、外国から攻撃されたら自衛戦争するのは当然でしょ。

国民の生命と財産を守るために、自衛隊は敵国領内のミサイル基地と

空軍基地も速攻の越境攻撃で叩くべきです。攻撃は最大の防御です。

たま~に自衛戦争にすら反対だという、とにかくどんな戦争も

してはダメだという、亡国お花畑キじるしの日本人がいますけど、

そういう方々は無抵抗のまま目の前で家族が射殺されてもかまわない

という無感情動物(←人間ではない)、または人間だとしたら

ドM に決定ですね。自衛戦争にも反対!などと言うことは、

日本が他国軍に侵略攻撃された場合に

「日本人が皆殺しされて絶滅しようが、かまいません」

と言ってるのと同じですよ。侵略されたらすぐ降伏すればいい、

などと自衛戦争に反対する人たちは声をそろえて言いますが、

侵略軍による攻撃が完全停止するまでに一体、

何万人の日本人が殺されると思ってんですかね。

日本政府が降伏を宣言してもすぐに侵略軍側の戦闘行為の手が

やむわけもなく、東京の中枢部を武力制圧し、天皇陛下と首相を

拘束するか(あってはなりませんが)害するまで、

日本人への発砲は止まないでしょう。

19~20世紀に無抵抗の日本人に対してシナ朝鮮ロシア人が行った

蛮行(凌辱と虐殺)がまた繰り返されるだけなのは目に見えてます。

日本人が虐殺された尼港事件も通州事件も知らない日本人が多過ぎます。

知らない人はネット検索して調べてください。

さらに1945年の日本降伏後に、満洲朝鮮樺太千島等の各地で

日本人がシナ朝鮮ロシア人によって、犯され殺されまくったことを

知らない者が多過ぎます。そういう無知な人達

(というかGHQ朝日NHK日教組による洗脳被害者)

だからこそ平気で「降伏すればいい」なんて呑気に

言えるわけでもあります。

降伏しても占領下で家族が凌辱され虐殺される可能性は高いのにね。

中共に抵抗する力もなく併合されてしまった

南モンゴル(内蒙古)、東トルキスタン(新疆ウイグル)、

チベット(西蔵)の現状を調べてみろといいたいですね。

悲惨きわまりないです。

中共になど降伏したら日本も同様の目にあうのですよ。

降伏後も虐殺は続き、日本文化も徹底的に破壊されます。

中共に降伏するなど選択肢にありえません。

降伏したら平和ではなく地獄が訪れるのですよ。

ならば自衛戦争しか道はないはず。

映画監督井筒ナニガシとか漫画家やくナニガシとか本気で

「侵略されたらすぐ降伏すればいい」などと言ってるとしたら

そいつらは、情けないほどアジア情勢にも歴史にも無知蒙昧な

情報弱者の大バカ野郎か、日本が滅亡することを願ってる確信犯の

売国奴のどちらかです。

自衛戦争にも反対! 日本は武力を放棄すべき! などと本気で

言ってる亡国お花畑キ印の方々には是非一度、

スイスにホームステイでもすることをオススメします。

スイスはここ数百年、戦争をしてない永世中立宣言国ですが、

しっかり徴兵制をしいてますよ。それどころか一世帯に一挺、

自動小銃が配備されてます。普通の民家に一挺ずつあるんです。

そういう「国民皆兵」制度により平和を維持してるのがスイスです。

非武装中立なんてのは絵空事の夢物語なのです。

しかし日本には国防のプロ、世界的にも超優秀な自衛隊がいるので

どシロウトの若者をわざわざ徴兵して教育する必要もない

というのが現状です。

安保法制が施行されたら徴兵制がしかれることになる!なんてのは

反日サヨクども(民共社生、NHKテレ朝TBSら)が国民を欺き、

反安倍政権に誘導したくて言ってるだけのデタラメな大ウソです。


歴史とは勝者がオノレに都合よく書き換えるのが世の習いです。

真実も見る角度により色んな解釈が可能です。

大東亜戦争は日本の自衛戦争でした。

と、敵将だったマッカーサーが戦後6年目に米国上院で公言してます。

大東亜戦争は米大統領ルーズベルトが日本を滅ぼしたくて

引き起こした戦争、もしくは1941(昭和16)年当時、

米国政府中枢に入り込んでいたコミンテルン

(ソ連の手先の共産主義者)の者どもがルーズベルトを対日開戦に

誘導したためにおきた戦争であると、わたくし個人は解釈してます。

日本による侵略戦争ではありません。米ソによる日本潰し計画

だったのです。石油・錫・ゴムといった天然資源の供給を

米英蘭から完全停止された日本は経済崩壊と軍備壊滅

(石油なしでは軍艦・軍用車・軍用機の何ひとつ動きません)の危機、

すなわち国家存亡の危機にさらされたのです。

それは米英蘭により日本は宣戦布告されたも同然でした。

最初から日本と戦争するつもりの米国は

日本と話し合うつもりなどなく、そんな米国によって、

日本は石油等の天然資源を求める戦争を

米英蘭相手にせざるをえなくなるよう誘導されたのです。

日本軍がハワイの真珠湾基地を攻撃する以前から、

米国は大量の米国製戦闘機と米国軍人パイロット(Flying Tigers)を

支那事変で日本と交戦中の中華民国国民党重慶政府(蒋介石政府)に

送りこんでます。名目上は支那軍へ参加の米国人義勇兵ですが、

実態は米国政府が米軍機付きで派遣した米兵パイロットです。

米国製爆撃機で支那から日本本土を爆撃する計画までたててました。

日本軍の真珠湾攻撃以前に、すでに米国は対日攻撃準備を

着々と進めていたのです。さらに、ルーズベルトは

日本海軍の機動部隊がハワイに接近中なことを把握していながら、

真珠湾基地にもハワイ自治領(準州)政府にも何も教えず、

あえて日本軍に奇襲攻撃を成功させ、

日本軍によるだまし討ちをワザと演出して、

米国国民の対日戦意に火をつける事に成功したのです。

いざ日米開戦となれば、圧倒的な国力差(工業生産力と資源保有量)

により最終的には必ず米国が勝利する自信があったからでしょう。

日本もそれは承知の上で、2年以内での短期決戦を

考えていたようですが、陸軍と海軍の連携、さらには

日本とドイツの連携がうまくとれず失敗したともいわれます。

自国を愛する普通にマトモな日本人の皆さん、

米中韓と反日サヨクの嘘八百による大日本帝国悪玉論を

鵜呑みにするのはやめましょう。


※註: 日本の敗戦後すぐ占領軍GHQは日本軍の武装解除と解体を

行っただけでなく、全国の警察からも拳銃をすべて没収しました。

すると強盗・強姦・殺人事件が一気に急増したので

(犯人の大半は、いわゆる(第)三国人でした)、

GHQはあわてて警官の拳銃所持は認め、没収した拳銃を

日本の警察に返却したのです。この事実から容易に推測できることは、

もし日本国に軍備が無いとしたら(第)三国人の祖国も国家単位で

日本人に対する強盗・強姦・殺人行為、すなわち日本への侵略行為に

およぶ可能性が大だということです。

備えあれば憂いなし。自衛隊の戦力強化は国民を護るために

当然のことです。亡国お花畑の9条狂の方々には当面は必要悪とでも

理解していただくしかありませんね。ゆくゆくはGHQ憲法護憲派に

必要"悪"などと考えていただく必要もなくすためにw

今のGHQ憲法は国防面をザックリ改正したあとで、

21世紀の平和的民主国家に見合う新憲法を制定すべきかと思います。

0 件のコメント:

コメントを投稿

注: コメントを投稿できるのは、このブログのメンバーだけです。