2014年11月24日月曜日

SNACK ?

12月6日(土)pm9-am5「東京スナッキーナイトvol.1」@Bar BIG TIME(西武新宿/新大久保)で

わたくしDabis-KはDisk回しするんDe冷やかしにDeも来てくDasai(←ただの変換し忘れDes。

ってオメェ「かな入力」のクセにあにこいてんDa?)w。ちなみにスナッキーナイト詳細は

当ブログ11/10の投稿に、フライヤーは10/18の投稿にそれぞれあげてます。

それにしても「スナッキー」って、「スナック的な」「スナック系の」って意味なんだろけど、

そもそもSnack自体なんなのさ?って人もいますよね。英単語本来の意味は

「軽食/簡単な食事」で、軽食も取れる飲み屋“Snack Bar”のことを日本では

単にスナックと呼んでるわけですが、パブや普通のバーと違って日本のスナックは

ママがカウンターごしに会話接客するバーってイメージ大ですね。

さらに一見客はボッタクられる確率大なイメージもあります(と経験者は語るw。

昭和期に2度ほどボラレ体験あり。若さゆえの好奇心&恐い物知らずでヤバそな店にも

入っちまうからそうなるわけw)。なので常連客同伴でないとスナックには

怖くて入れないイメージも強いですね(てかもうここ四半世紀、飲み屋の選択肢に

スナックってのは基本ないからね。こんなオレみたいスナックのアンチが、

スナッキーナイトのDJやって委員会w。まるで「○かじんのそこまでいって・・・」における

無礼者おばさん状態ぢゃね?←そこまで言う?w)。でも12/6に東京スナッキーナイトをやる

新宿職安通りのバーBIG TIMEはCashOnDeliveryのいわゆるShotBarなので

安心してご来場ください。そのスナッキーナイト、当ブログで結構しつこく推してますが、

別に自分は企画にも何も関与せず、単に呼ばれて回す1DJ、

それも11人のうちの1人にすぎません。なのでむしろ無責任で気楽な客目線で、

なんか面白ゲな予感がするだけです。一応はシキリDJ(←昔からよく知ってるのに

名前のわからん人w)が「スナロカ」と命名した「超拡大版“広義”和製ロッカビリィ」が

選曲の中心となる、まぁ1種の“ナツメロ日本語ナイト”だけど、個人的には

「リーゼント物」の選曲比率が下がれば下がるほどますます面白いイベントになりそな悪寒。

とかいいつつ当の自分は髪型も服装もリーゼント物を回す気満々風なナリで

当日参加する予定。しかしそのくせリーゼント物は1曲も回さず、

長髪系・七三系・キモエグ系で攻めますよ。ギャップを自分でも楽しむつもり。

ところでスナックといえばスナックバーだけでなくスナック菓子(=軽食おやつ??)のことでも

あります。自分は今から35年前に米国家庭に丸3週間いわゆるホームステイしたことが

あるんですが、ある日の昼食で目からウロコな体験をしました。昼メシとして皿に盛られて

出てきたのはポテトチップだけの山だったのです。その食事で「スナック菓子」の真の意味が

胃袋で理解できましたよ。その15年後、今からちょうど20年前の1994年に、

わたくしダビすけ(当時)がバンマスを務めるTOK¥O $KUNXが実はスナック菓子の

新製品のテレビCMソングをやってんすよ。それも最初から歌詞に商品名が入った

オリジナルソングの作詞作曲依頼を受けての、ダビすけ書き下ろし作品ですよ。

普通、バンド/アーチストの自作自演曲がコマソンになる場合、既に出来あがってる作品が

イメージソング的に使われるだけなことが多く、商品名入り歌詞での自作自演なんて

滅多にないすよね。昭和オヤジの自分としては他に思い浮かぶのは「矢沢永吉/

ThisIsSongForCocaCola」くらいなもんすよ。なんにせよ東京スカンクスのオリジナル楽曲の

レベルの高さ(てかダジャレ等のクッダラなさレベルかもなーw)が見込まれたからこそ

作詞作曲編曲すべて任されたわけで、それも無所属フリーなバンドへの

突然のオファーだったんで、かなりスゴいことだったとは思いますよ。

その新作スナック菓子と、そのコマソンCDシングルがコレ(クリックするとデカくなります)↓

left:Calbee/BaconPotato"BP"(SapporoPotato)snax
right:TOK¥O $KUNX/BP Cowboy-noTheme(FunHouse)CD3
ついでにウラ面も見せちゃいましょう↓
左:食べたらアカン、死ぬで。(20年前の試供品、未開封)
右:聴きたくてももう聴けん人、多数。(8cmCDシングル)

このスナック菓子・ベーコンポテト“BP”(カルビー)ですが、写真はミニサイズの

無料サンプルです。この写真を撮るためにさっき並べてみてビックリ。20年後の今になって

初めて気づいたんだけど、このサンプルの袋のH(といってもセクスちゃいまんねん

縦寸法でんねん)と、当時の8cmCDのジャケットのHがほぼ同じだったんすよ。

偶然なのか故意なのか、メートル法なら166ミリ、尺貫法なら5寸4分8厘、

ヤードポンド法なら6インチハーフ弱というハンパな数字。A紙B紙のサイズにも

合うのないし何なんだろね?このサイズ。わかる人いたら教えてください。

ちなみにこのスナック菓子・カルビーBPは1994年4月上旬に発売され、

東京スカンクスのコマソンCDは同月下旬に、今は亡き「ファンハウス」という

レコード会社からリリースされてます。翌5月にはカルビーとファンハウスがタイアップして

渋谷の公園通りとスペイン坂で路上キャンペーンもやりましたね。

ラジカセからエンドレステープでスカンクスのコマソンを流しながら、

バドガールみたいなナリにテンガロンハットのキャンギャル2名が

「カルビーの新製品、ベーコンポテトBP、よろしくお願いしま~す」とか言いながら

写真のと全く同じBP試供品を通行人に配り、さらに男前モデル(というか役者だけど)

2名がスカンクスのコマソンCD発売告知フライヤー&もう1つ何か

「カルビーBP」と書かれた景品系のもの(なんせ20年も前のことなんで忘れちゃったよ)を

無料配布するというサンプリングでしたね。で自分はというと、ちょっと離れた所で

タバコすいながら(←当時はまだ喫煙者)、その営業光景を見~て~る~だ~け~!

(おっと~、無礼者おばさんまた登場!w そのCM、たしかその頃のだと思って今ぐぐったら、

なんと1994年で一発大ビンゴ!)w。そのキャンペーンに動員されてた役者のJ君とH君とは、

その何年も後に現場仕事(ナグリ)で偶然一緒になったりしてます。特にH君とは

数年に渡ってちょくちょく同じ現場になったんだけど、そういえば最近全然見かけないなぁ

とか思ってるとテレビで見たり、映画に出てたり。ミリオタ「歴じぃ」の自分としては数年前の

某ドラマでの帝国軍人としての姿が良かったな。対露国戦勝萬歳!(←またそっち系かよ。

今日はスナックのハナシちゃうんかい!)。そんなH君のプロフィールをさっきネットで

チェックしたら芸歴が1994~になってました。つまり芸歴1年目に、悪名高きw

東京スカンクスがらみの路上サンプリングなどに駆り出されてたわけですね。

まったくトンだ目にあいましたねw。いまや堂々たる中堅俳優のH君にとって、

これは永久に伏せておきたい芸歴の汚点w、隠し通しておきたい過去の闇の恥部ですねw。

だから名前もイニシャル1文字にしときますね。H君、映画初主演おめでとう!万才 !!

などと人のハナシばかりしてて長くなってしまい、肝心なカルビーBPのお味と売れ行き、

CMの中身とオンエア状況、そして東京スカンクス自作自演の商品名入り歌詞の

コマソン「BPカウボーイのテーマ」の楽曲そのもの等につきましては日をあらためて

また近日紹介させていただきます。このBPに関しては、自分が10年間

ページ連載させてもらった月刊誌DOLLや、一昨年発売のスカンクスDVDの

特典小冊子・紀刊Ru$TiQu€では詳細に全く触れてないので、初耳の話題も

多いかとは思います。次回更新乞うご期待、ツービーこんちぬーD!

2014年11月17日月曜日

痛風予防

ビール大好き高尿酸値で痛風予備軍歴8年のダ・ビアKです。

痛風原因の尿酸を抑える食材のひとつに馬鈴薯があるようですね。

尿酸値上昇の元凶、プリン体を大量に含むビールやソーセージを

ドイツ人は好んで大量摂取してますが、特にドイツに痛風患者が多いわけでもなく、

それはジャガイモも大量に食べてるおかげだといわれてます。

で、わたくしダ・ビアKも米や麦のかわりにポテト料理を増やすようにして

なんとかダマシだまし痛風の発症には至っておりません。

油で揚げないヘルシーな馬鈴薯料理代表のひとつといえばマッシュド・パテイトーですね。

そういえばラスチック楽団TOK¥O $KUNXのDixieJugSkabillyな迷曲

世界は屁の出を待っている」(DaWorld IsWaitin’ForDa$kunx’Vice)の歌詞中でも

♪マッシュポテトにフレンチフライ、芋くってJumpin’スカせばロクでもない~ 

などと自分で歌っておりますが、20数年前当時は将来まさか自分がプリン体摂取量を

気にする痛風予備軍になるなんて全く予想だにできず、麦酒バクバクあおる日々でした。

まぁ今でもビールは飲んでますけどチビアチビアで、痛風にビビール情けない飲み方ですw。

プリン体かなりオフの準ビールも各社から発売されてますが、

それらゲロマズ発泡酒を飲むくらいなら甲類焼酎をプリン体ゼロのホッピーで割って

飲むほうが百万倍マシですね。居酒屋ならセット,ナカ,ナカ,ソト,ナカ,ナカ,ナカの

相当なかなか濃いクチ派です。なんにせよビール好きの皆さん、痛風に気を付けて

少しは飲むのを控えましょう!なんて野暮なことは言いません。

飲めるうちに飲みたいだけ飲んでください! 麦酒バンザイ ! 

ちなみに下の写真は今のダビス・Kitchenのワンショットです。

中央にそびえたつのがポテトマッシャーですね。その右はピータンで、

左奥はパイナッポーですかね。ちがうかw  ドッカ~~~ン! ポテチン
Dabis-Kitchen
LtoR:Pineapple,PotatoMasher,Pidan
(ちなみに 芋潰は独逸製24型、皮蛋モドキは独逸製39型、鳳梨モドキは日本製97式 の
1/1プラモデル、組立ed&塗装ed by Dabis-Kraft )

2014年11月10日月曜日

Sat.,Dec.6th TokyoSnackyNiteVol.1

まだ3週間以上先だけど、みなさんの忘年会/クリスマス会等と被らないように

早めにしつこく告知しときます。あっ、新宿~大久保あたりで当日の18~21時ごろ

飲み会/パーリィを開いていただき、それの二次会として流れてきていただく

って手もありますね。以下スナッキーナイト詳細です。

フライヤー(10/18の投稿にUP)は若干モーレツでルーガーにひかれてもこまっちんぐ

だから今夜はSHOW略マンデナイ!byナウいヤングな昭和のオヤジ、レッツらゴー!ざんす。

12月6日(土)東京スナッキーナイト vol.1@Bar BIG TIME
21:00スタート〜オールナイト入場無料!(One Shot Bar)
新宿区百人町1-5-1 百人町ビルB1
職安通りハローワークの対面のお寺の右側(東隣)の雑居ビルの地下1階   
西武新宿駅北口120m/大久保駅南口400m/新大久保駅450m/新宿駅900m

出演DJs(あいうえお順)
★GATTS(GATTS'NROLL)
★Karlie  (ローリン!ミラーボーラーズ)
★GANG¥RICKY(GRPC 魅惑のナイス害ナイト)
★小池雄之介
★さかゑ  (上野のロックンローラー)
★SHIRROW  (POP UP SHOW!)
★ダビス・K(T¥$X)
★TAMAE  (PONYTAILZ)
★BxNxT  (brandnewtattoo)
★YAMAーSAN  (Mr.Party People)
★Lite(Liteの日本ロッカビリー研究所)

以下シキリDJ(←顔はわかるのに名前わからん人ですwww)によるノーガキ↓

不健康な夜の匂いが街中に立ち込めていた昭和時代。
あの頃、ロカビリーとは様々な音楽の総称だった!?
ロッカビリィー(ジャパロカ、ロックンロール、オールディーズ、ドゥ•ワップなど全般)をメインに、
ソウル、ディスコ、R&B、矢沢永吉フォロワー、野良猫ロック、めんたいロック、
昭和歌謡、モンド•フェロモンから懐かしのアイドル•ポップスまで!
ネオン街のスナックで聴きたいあの時代の名曲をツワモノDJ達が気ままにセレクト!
これがウワサのスナッキー•ロカビリー‼︎‼︎(略してスナロカ!もちろん、日本語オンリー!)

↑ふ~ん、なるほどぉ、ならわたくしDJダビス・Kは、リーゼント系と昭和50s~60sモノは

他のDJにぜんぶ丸投げしちゃいまして、長髪系・七三系・キモエグ系とかの

昭和40sモノで攻めさせていただきます。なんせ♪森トンカツ泉ニンニク...と幼少期に

リアルタイムで歌ってた世代なんすよ。エレキ万才!(フォークもなーw)
DJダビスはこんな人達の唄を回す予定ですオーオーオーオー

2014年11月6日木曜日

イルマのタテゴト

お題は「ビルマの竪琴」ちゃいまんねん、「入間の盾事」でんねん。

先日の明治節(11/3)、40数年ぶりにあるグループの“生ライヴ”を見ました。

しかしライヴといっても音楽や演芸ではなく、ジェット機によるアクロバット飛行です。

1964年の東京オリンピック開会式で国立競技場上空に巨大な五輪を

スモークで描いたことでも有名な、あの航空自衛隊ブルーインパルスによる飛行展示を

入間基地の航空祭で観覧したのです。40数年前に小牧基地(名古屋郊外)の

航空ショーでダビスKidが見たブルーインパルスの使用機は

F86F(朝鮮戦争時の米軍主力機)でしたが、それから2度機種変更して現在は

国産練習機T-4(川崎重工)を使用してます。この日は少し風が強かったようで、

観客には一番人気?の「キューピッド」(2機でハート型を描き、3機目が矢の如く

それを貫く課目)の雲ギレが早くて今ひとつだったのだけは少し残念ですが、

30分強に渡る熟練技の連続に30万人近い大観衆が魅了されたのでした

(写真①,②。クリックすると大きくなります)。無事故バンザイ!アッパレ自衛隊!

無事故といえば29万人で大混雑の会場、特に大行列の入場門やトイレ、

あるいは売店や地上展示機内搭乗の行列で、横入りや押し合いや怒号ひとつなく

整然と静かに並んで待つ来場者の姿、日本人にとっては当たり前のことだとしても、

やっぱアッパレ素晴らしい。日本バンザイ!です。

(別キャラの「BLACKダビル」談: 列を乱したり静かに待てんよな人間には

自衛隊好きがおらんだけちゃうケ?w)


                                                             この日の飛行展示(実演)は勿論ブルーインパルスだけではありません。

ヘリコプターや救難捜索機などいろいろ飛びましたが、

いちばんのお目当ては川重製の輸送機C-1です。

杉並区西部~練馬区西部にここ四半世紀すんでる自分が昼下がり~夕方に

上空でよく見かける、てか自分が自衛隊機の中で最も頻繁に目にするのが

このズングリムックリの双発ジェットです。某・戦車道アニメでは

某女性教官が搭乗するヒトマル式戦車を学園に荒ワザ空輸してきたあの輸送機ですよ。

地上展示機もあり機内もしっかり搭乗見学してきました。

緑・茶・褐色の三色迷彩を見るだけでゾクゾクわくわくしてきて、その某・戦車道アニメの

学園艦上の某理髪店の娘のように「ヒャッホー!Psy高だぜぃ」と

ヒトが変わりたくなりますw。しかしこの日は予定されてたC-1からの空挺降下が中止され

(アナウンスの聞き取れない場所にいたので理由不明ですがおそらくは強風でしょう)、

“空の神兵”たちが華ひらく勇姿を拝めず非常に残念。それでも間近でC-1輸送機の

離着陸と編隊飛行を見れて大満足のバンバンザイでした。

(写真③,④,⑤。クリックすると大きくなります)
③ C-1 地上展示
④ C-1 飛行展示
⑤ 前列左:F-2, 前列右:F-15, 後方:着陸直後のC-1

最後に、モーソー界で扶桑皇国からカールスラント軍に義勇兵志願したにもかかわらず

年令制限(それも上限w)に引っかかり拒否られた歴じぃダビスによる今月の

ミリヲタ川柳を一句↓

『航空祭 アニヲタつぶやく ウィッチまだぁ?』   おそまつ

2014年11月2日日曜日

TokyoRusticJamboree2014

ご来場のみなさんありがとう!

出演のみなさんおつかれさま!

$xの音源・グッズお買い上げの方々に感謝!

企画のシュージ、Loftのみなさんもありがとう。

ラスジャン万才!